発起人

がん患者と企業をつなぐ呼びかけ人

代表発起人

ARUN合同会社 代表

功能 聡子(こうの さとこ)

がんアライ部 事務局長
                ARUN合同会社 代表 功能 聡子

ARUN合同会社 代表

功能 聡子(こうの さとこ)

国際基督教大学(ICU)卒業後、民間企業等勤務の後、1995年よりNGO(シェア=国際保健協力市民の会)、JICA、世界銀行の業務を通して、カンボジアの復興・開発支援に携わる。 カンボジア人の社会起業家との出会いからソーシャル・ファイナンスに目を開かれ、その必要性と可能性を確信し 2009年ARUNを設立。がんと就労に関する活動を家族として支えた経験がある。

ライフネット生命保険株式会社 
代表取締役社長

岩瀬 大輔(いわせ だいすけ)

ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長 岩瀬 大輔

ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長

岩瀬 大輔(いわせ だいすけ)

1976年生まれ。東京大学法学部を卒業後、ボストン・コンサルティング・グループ、リップルウッド・ジャパン(現RHJインターナショナル)を経て、ハーバード大学経営大学院に留学。2006年、副社長としてライフネット生命保険を立ち上げる。2013年6月より現職。著書「ネットで生保を売ろう!」「がん保険のカラクリ」等

発起人一覧

認定NPO法人フローレンス 代表

駒崎 弘樹(こまざき ひろき)

認定NPO法人フローレンス 代表 駒崎 弘樹

認定NPO法人フローレンス 代表

駒崎 弘樹(こまざき ひろき)

1979年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、「地域の力によって病児保育問題を解決し、子育てと仕事を両立できる社会をつくりたい」と考え、2004年にNPO法人フローレンスを設立。日本初の「共済型・訪問型」の病児保育サービスを首都圏で開始、共働きやひとり親の子育て家庭をサポートする。厚生労働省「イクメンプロジェクト」推進委員会座長、内閣府「子ども・子育て会議」委員を務める。

キャンサー・ソリューションズ株式会社
代表

桜井 なおみ(さくらい なおみ)

キャンサー・ソリューションズ株式会社 代表取締役社長 桜井 なおみ

キャンサー・ソリューションズ株式会社 代表

桜井 なおみ(さくらい なおみ)

1967年生まれ。乳がん体験者。元設計事務所チーフデザイナー。37歳の時に乳がんが見つかり、治療のため約8ヶ月間休職。職場復帰後、治療と仕事の両立が困難となり、2年後に転職。その後、自らの体験からがんでも働きやすい社会の実現をめざしキャンサー・ソリューションズにてがん経験を活かした雇用機会の創出や相談事業に取り組んでいる。

マギーズ東京
共同代表 理事

鈴木 美穂(すずき みほ)

マギーズ東京 共同代表 理事 鈴木 美穂

マギーズ東京 共同代表 理事

鈴木 美穂(すずき みほ)

1983年東京生まれ。テレビ局に入社して3年目の2008年5月に乳がんが見つかり、8ヶ月の闘病生活の後に社会復帰。テレビ局記者の仕事を続けながら、がん患者とその家族などが相談できる場づくりを続けている。テレビ局記者を続けながら、NPO法人maggie’s tokyo共同代表、STAND UP!!発起人を務め、現在も様々なチャレンジを抱えた人たちが活躍できるプラットフォームづくりに力を入れている。

株式会社クレディセゾン
取締役営業推進事業部長
戦略人事部キャリア開発室長

武田 雅子(たけだ まさこ)

株式会社クレディ・セゾン 取締役 営業推進事業部長(兼)戦略人事部キャリア開発室長 武田 雅子

株式会社クレディセゾン
取締役営業推進事業部長 戦略人事部キャリア開発室長

武田 雅子(たけだ まさこ)

1989年入社。セゾンカウンターに配属後、全国5拠点にてショップマスターを経験の後、営業推進部トレーニング課長、戦略人事部長などを経て2016年より現職。全員が活躍する組織を目指し、全国の支社を牽引しながら、自身の乳がんの経験を活かしてがんに罹患した社員のケアや復職支援をサポートしている。

一般社団法人キャンサーペアレンツ 代表
エン・ジャパン株式会社 人材戦略室所属

西口 洋平(にしぐち ようへい)

一般社団法人キャンサーペアレンツ 代表理事 西口 洋平

一般社団法人キャンサーペアレンツ 代表
エン・ジャパン株式会社 人材戦略室所属

西口 洋平(にしぐち ようへい)

1979年生まれ、大阪府出身。妻、娘(9歳)の3人家族。2015年2月、35歳の時にステージ4の胆管がんの告知を受ける。周囲に同世代のがん経験者がいない状況のなか、インターネット上でのピア(仲間)サポートサービス「キャンサーペアレンツ~こどもをもつがん患者でつながろう~」を立ち上げる。現在も、抗がん剤による治療を続けながら、仕事と並行して活動中。

Member部員

「がんアライ部」にご賛同いただける方はすべて部員と考えています。
まずはFacebookから繋がり、一緒にがんとともに生きる社会をつくりましょう!
勉強会や各種イベントのご案内もFacebookにて行います。