活動内容

What’sがんアライ部

がんアライ部の3つの意味

アライ(ally)

がん患者の味方

がん罹患者が抱える悩みを理解し
サポートする人がいる社会へ

アライブ(alive)

がんとともに生きる

働きながらがん治療することを
本人、ご家族が理解できる社会へ

アライ部

プロジェクトの名称

がんと共生できる社会を目指し
情報発信・啓発活動を推進

Charter設立趣旨

がんと共生できる社会を目指して

働きながら治療を続けるがん罹患者が増えています。その一方で、職場におけるがん罹患者に対する理解は、まだまだ進んでいないことから、「勤務先でのサポートがない」「制度があっても利用できない雰囲気がある」など、働きながらがんを治療することに対する様々な課題があります。

このような現状を打破し、働きながら治療を続けるがん罹患者がいきいきと働くことができる職場や社会を実現するため、民間プロジェクトとして「がんアライ部」を発足しました。

 

「がんアライ部」は「がんと就労」問題を解決するための勉強会や働きながらがんを治療することを理解するためのイベントなどを開催することにより、働きながら治療を続けるがん罹患者がいきいきと働きやすい環境づくりをサポートします。

Active活動

がん患者と企業をつなぐ

勉強会

勉強会

主に人事担当者を中心に、がんなどの病気を患った職員へのサポートや人事制度などのベストプラクティスを共有する勉強会を開催します。がんは治療や体調に関するサポートだけではなく、メンタル面でのケアを重要になることから、制度だけでなく風土づくりなど、目に見えないことにも重きを置いて情報共有できる場を目指します。

イベント・セミナー

イベント・セミナー

がん罹患者や人事担当者、またがんとの共生に共感いただいたallyの人たちとの交流の場として、イベントや各種セミナーを実施します。

情報発信

情報発信

がん罹患者や人事担当者だけでなく、多くの人にがんとの共生について理解いただくために、活動を通じて学んだことや、さまざまなお役立ち情報を発信します。
ゆくゆくはコミュニティサイトを構築し、がんアライ部のウェブサイトを通じて情報共有できる場をつくることを目指します。

Member部員

を押して、がんアライ部の部員になる

「がんアライ部」にご賛同いただける方はすべて部員と考えています。
まずはFacebookからつながり、一緒にがんとともに生きる社会をつくりましょう!