がんアライアワード受賞企業の取り組み事例

   

【がんアライアワード2022ブロンズ】行政書士 ホリヨシ法務事務所の「がんと就労」施策

【がんアライアワード2022ブロンズ】行政書士 ホリヨシ法務事務所の「がんと就労」施策

がんアライアワード2022に寄せられた、各社の「がんと就労」への取り組みをご紹介します。

 

ブロンズ受賞:行政書士 ホリヨシ法務事務所

業種:コンサルティング

従業員数:1名

https://office-hrys.com/

取り組みのきっかけ

 

がんアライ部の事務局の方からアワードの存在を教えてもらったことがきっかけです。「がんと就労」に関する取り組みを表彰することを通じて、「がんと共生できる社会」に向けて世の中を少しでも動かしていこうという思いに共感しました。

 

風土づくり

 

◆がんと就労に関する情報について、がんアライ部のWEBサイトを確認して情報収集したり、がんアライ部事務局の方とコミュニケーションをする機会を不定期に設けたりするなど、意識を高めています。

 

現在は個人事務所のため、まずは私自身の知識をつけることが第一歩だと考えています。

 

その他の取り組みやエピソード

 

上述のように個人でやっている事務所のため、自組織のための活動というのは限定的です。ただ、仕事柄中小の企業の経営者の方やそれに準ずる方とお話する機会が多いため、組織づくり等の話の延長で社員の方の様子をお伺いすることもあります。中小企業は人材の確保に苦戦をすることも少なくありません。既存の社員の方たちにどうやって、より長く活躍をしてもらう環境を整えるのかは、経営課題の一つともいえる状況です。

 

そんな中で、がんも含めた病気と向き合いながら、働き続けられる環境整備についてアドバイスをしています。

 

抱負

 

がんと就労に関する現状や支援のポイントについて、外部のセミナー等にも参加して情報を収集していきたいと思います。また、士業の方々へがんアライ部の活動を広めていきたいと思います。

 

講評・コメント 


・事業を通じて社会に向けた取り組みを進められています。

 

・今後もがんと就労に関する風土・環境・制度づくりを社内外で進められることを期待しています。 

 

Member部員

を押して、がんアライ部の部員になる

「がんアライ部」にご賛同いただける方はすべて部員と考えています。
まずはFacebookからつながり、一緒にがんとともに生きる社会をつくりましょう!