がんアライアワード受賞企業の取り組み事例

   

【がんアライアワード2021 ゴールド】株式会社クレディセゾンの「がんと就労」施策

【がんアライアワード2021 ゴールド】株式会社クレディセゾンの「がんと就労」施策

がんアライアワード2021に寄せられた、各社の「がんと就労」への取り組みをご紹介します。

 

ゴールド受賞:株式会社クレディセゾン

事業内容:その他金融業

従業員数:4,319人(2021年3月30日現在)

ウェブサイト:https://corporate.saisoncard.co.jp

取り組みのきっかけやエピソード

 

・全国に拠点があり、就業場所や職種が多岐にわたる中、メンタル疾患者の増加が背景となり、2008年、社員の健康を一元管理する健康管理室(現在の健康推進チーム)を人事部内に設置しました。

 

・また、女性社員が多い組織であったことから、社内でがん(特に女性特有のがん)に罹患する社員からの相談が増え、がんに罹患しても継続してそのキャリアを重ねることが可能になるよう、就業規則や各種制度の見直しを随時行い、仕事との両立へ向けたサポートを行っております。

 

・社内広報のがんサバイバーのインタビューの際、社員からあった言葉を紹介させていただきます。

 

「治療のための休職中、社内手続き等、初めてのことでわからない中、困ったときはいつも保健師に相談をし、フォローをしていただいたり、治療が終わり不安なとき、復職後も産業医が定期的に連絡をしてくれ、見守ってくれました。このように支えられてきたからこそ仕事を続けてこられましたし、仕事をしていて本当に良かったと思っています。」とご本人から言葉をいただき、サポートしてきた側として、大変うれしく思いました。

 

風土づくり

 

◆社内イントラネット、社内報、Slack等を活用し、がんに関する知識提供、早期のがん検診受診、その他健康に関する情報や感染症対策を発信しています。

 

◆社員によるがんサバイバーの対談会を実施し、その様子を社内報に掲載しています。がん検診の大切さや、がんに罹患しても復職後活躍している社員がいることを広報することで、がんに罹患しても仕事をあきらめずに両立できるというメッセージを伝えています。

 

◆働く女性に多い疾患(乳がん、子宮がん、卵巣がん、大腸がん等)をテーマにセミナーを開催し、自身の身体を見つめなおす機会提供を行っています。また、セミナー開始にあたり、社員のがんサバイバーからのインタビュー記事、メッセージを全社イントラネットで発信し、早期発見の重要性を社員へ伝えています。

 

◆心身のリフレッシュとメンテナンスのために、5年に一度「ウエルネス休暇」の取得を推奨しています。連続休暇取得と人間ドック受診を促進し、人間ドックについては費用補助を行っております。

 

◆小冊子「がん検診のススメ」を各事業場に定期的に配布し、社員ががんについて自分事として考え、がんに対する知識や理解を深められるような環境づくりを行っています。

 

相談できる環境づくり

 

◆戦略人事部内に健康推進チームがあり、社員の健康に関する相談を受け付けています。また、相談専用アドレスと専用電話を設置し、 本人又は上司から直接産業医、保健師への相談が可能となっています。

 

◆健康推進チームが常時使用できる専用の面談室を設置、リニューアルし、社員が周囲を気にせず、いつでも健康に関する相談ができるよう環境を整えました。

 

◆部下と上司とで定期的に1on1を実施する制度があり、業務やキャリア、健康面についても相談できる仕組みを整えています。

 

制度・配慮

 

◆社員の健康管理と疾病の早期発見、早期予防に向け、社員の定期健康診断受診率は100%で推移しています。オプションで、腫瘍マーカー(大腸・膵臓・肺・胃・肝臓・前立腺・子宮・卵巣など)の追加検査も可能としています。

 

◆全社員を対象に、健康保険組合によるがん検診の費用補助を行なっています。

・また、年に1回がん検診に特化したキャンペーンを実施し、キャンペーン期間中は補助額を増額する等、さらなる受診率向上を目指しております。

 

◆メンタル、フィジカルに限らず、疾病により休業した社員が、復帰後自律的に就業継続可能となるよう「セルフマネジメントアシストプログラム」を定め、社員の休復職支援を行っています。各フェーズで、本人への目標や健康状態を把握し、上司、産業医、保健師、人事が連携しながら、休業中~復職後までのサポートを行っており、復職後の能力発揮と再休職防止に向け取り組んでおります。

 

◆復職後のキャリアについては、必要に応じてキャリア開発室と連携し、社員が働き続けるためのキャリア支援を検討し、対応を行っております。

 

◆やむを得ず休職期間満了にて退職にいたった場合でも、退職後5年以内であれば、退職時と同条件で再入社できる「リワークエントリー制度」を設けております。

 

◆治療と就労を両立する施策として、各種休暇の整備や柔軟な働き方を推進しています。

〇時間単位有給制度、半日有給休暇制度

〇短時間勤務制度(1日30分、1時間、1時間30分、2時間までの時間短縮が可能)

〇短日勤務制度(月1~4日までの短日勤務が可能)

〇フレックス勤務(コアタイムなしのスーパーフレックス)

〇テレワーク勤務

 

◆コロナ禍においては、がんに限らず基礎疾患保有者、疾病治療中や治療後の不安をかかえている社員への配慮としてテレワークの利用を拡大し、社員が安心して安全に就業できる環境を提供しています。

 

<その他活動>

◆2021年厚生労働省委託事業「がん対策推進企業アクション」の企業コンソーシアムにおいて、がん対策を熱心に取り組んでいるとされる企業として「企業コンソーシアム40」へ参画し、会議、研修会を通じて職域がん対策に積極的に取り組んでおります。

 

講評・コメント

 

・健康推進チームが常時使用できる専用の面談室を設置、リニューアルされ、社員が周囲を気にせず、いつでも健康に関する相談ができるように環境づくりを進められています。

 

・「がん対策推進企業アクション」の企業コンソーシアムにおいて、がん対策を熱心に取り組んでいるとされる企業として「企業コンソーシアム40」へ参画されるなど、社会に向けた取り組みを進められています。

 

>>「がんアライアワード 2021」受賞企業と事例集一覧はこちら

Member部員

を押して、がんアライ部の部員になる

「がんアライ部」にご賛同いただける方はすべて部員と考えています。
まずはFacebookからつながり、一緒にがんとともに生きる社会をつくりましょう!