がんアライアワード受賞企業の取り組み事例

   

【がんアライアワード2019 シルバー】株式会社スヴェンソンの「がんと就労」施策

【がんアライアワード2019 シルバー】株式会社スヴェンソンの「がんと就労」施策

がんアライアワード2019に寄せられた、各社の「がんと就労」への取り組みをご紹介します。

 

シルバー受賞:株式会社スヴェンソン

業種: サービス業(主にウィッグの製造・販売・アフターサービス・化粧品販売)

従業員数: 650名

ウェブサイト:https://www.svenson.co.jp/

取り組みのきっかけやエピソード

 

・がん患者の方と接する中、患者の方が抱える悩みや人生に触れる事で社内でもがんを身近なものとして捉えてほしいと思ったためです。また、がんを患う従業員の中には指導的な立場に就いている者もおり、そのような立場の従業員がもしもの時も遠慮なく利用できる風土を作り、従業員全体が『治療と仕事』とを両立してほしいという思いがきっかけとなりました。そして当社の取り組みが業界問わず企業の手本となり、がん患者の方がイキイキと生活できる国になる事を推進したかったためです。

 

・エピソードとして、がん治療休暇申請時に周りからどのような反応をされるか心配していた従業員に対して『1日も早く良くなろうね!休みの日は他のメンバーでサポートするから遠慮なく休暇を使って!』と言われて励まされ、さらにその事を家族に伝えたところ『自慢できる良い会社だね!』と言われたそうです。

 

風土づくり

 

◆当社は健康経営を掲げており、『4つのサイクル』で健康増進を行っています。1つ目が健康診断の受診促進。2つ目が『要再検査』の受診結果だった場合、早期受診を促すために会社が費用を負担。3つ目は治療に専念しやすくするために『休職期間の延長』を実施。そして4つ目はがん治療中であっても安心して働けるよう、有休とは別に『がん治療休暇制度』を新たに導入して従業員への制度の浸透を図っています。

 

相談できる環境づくり

 

◆当社はがん患者様向けのウィッグを提供する企業で、各地の主要病院と連携しながら会社運営を行っています。また単なる提供に終わるのではなく、医療従事者、地域住民、がん患者の方を交えて、患者の方々の気持ちや心の寄り添い方を共有する『メディカルカフェ』というイベントを定期的に開催しており、様々な業務経験の中、人事が介在するまでもなく相談できる環境が自然に整っています。

 

制度

 

◆2018年より『がん治療休暇制度』を新たに導入し、1年間で最大10日の特別な有給休暇を付与しています。また治療や通院時間が短い場合は半日単位でもがん治療休暇を利用できるようにし、従業員にとって利用しやすくしています。現在、既に何名かがこの制度を利用しています。

 

講評・コメント

 

「がん治療休暇制度」を導入され、がんの治療と就労の両立支援を推進する制度づくりを進められています。

 

「4つのサイクル」にあてはまらない個別ニーズへの対応など、がん罹患者の声を取り入れた制度づくりをさらに進められることを期待しています。

 

>アワード受賞企業の事例集一覧はこちら

Member部員

を押して、がんアライ部の部員になる

「がんアライ部」にご賛同いただける方はすべて部員と考えています。
まずはFacebookからつながり、一緒にがんとともに生きる社会をつくりましょう!