がんアライアワード受賞企業の取り組み事例

   

【がんアライアワード2019 シルバー】株式会社サイバーエージェントの「がんと就労」施策

【がんアライアワード2019 シルバー】株式会社サイバーエージェントの「がんと就労」施策

がんアライアワード2019に寄せられた、各社の「がんと就労」への取り組みをご紹介します。

 

シルバー受賞:株式会社サイバーエージェント

業種: サービス業

従業員数: 5,433名(連結役員数)

ウェブサイト:https://www.cyberagent.co.jp/

風土づくり

 

◆従業員が心身ともに健康であるように、健康診断はもちろん、インフルエンザを含む流行病の予防接種などの実施や産業医、カウンセリングの先生への相談窓口を設置している。

 

◆本人希望の面談以外にも、気になる社員などがいれば人事から声をかけて産業医面談やカウンセリング面談を設定している。

 

相談できる環境づくり

 

◆健康面などの不安などがあれば、速やかに産業医と連携し、サポートしている。

 

◆月1回の社内アンケートツール(GEPPO)で社員から健康面の相談もあり、社員に寄り添いながら話を聞き、個別でフォローをしています。

 

制度

 

◆主治医、産業医の見解の元、本人の体調や意思を考慮して、復職のサポートを行っている。

 

講評・コメント

 

従業員の健康面に配慮した相談体制を整えられています。

 

仮にがん罹患者が就労について相談をしたとしても、今ある風土や環境があれば対応してもらえそうな期待感があります。

 

がん罹患者の声を取り入れた制度づくりをさらに進められることを期待しています。

 

>アワード受賞企業の事例集一覧はこちら

Member部員

を押して、がんアライ部の部員になる

「がんアライ部」にご賛同いただける方はすべて部員と考えています。
まずはFacebookからつながり、一緒にがんとともに生きる社会をつくりましょう!