2018年度がんアライ宣言・アワード応募企業の事例集

   

株式会社繋の「がんと就労」施策【ブロンズ受賞】

株式会社繋の「がんと就労」施策【ブロンズ受賞】

第1回がんアライ宣言・アワードに寄せられた、各社の「がんと就労」への取り組みをご紹介します。

 

ブロンズ受賞:株式会社繋

事業内容:中小規模の企業向けシステム運営

従業員数:2名

創業:2016年

ウェブページ:https://www.tsng.co.jp/

 

がんアライ宣言

私たちは、社員はもちろんのこと、当社にかかわっていただく皆さんが、社会と繋がり続けられることを、ITを用いて積極的に支援してまいります。

取り組みの背景や特色

ITに関するコンサルティングの会社として営業をしておりますが、社長は複業としてライフネット生命のシステム部門の部長をしております。ライフネット生命の同僚が「がんと就労」問題に熱心に取り組んでいた影響で、自身で経営する会社でも今後取り組んでいきたいと考え、この機会にまずはがんアライ宣言をしました。当社は、まだ始まったばかりの小規模の会社ですが、社員が多様な働き方を選択できる環境を作り、安心して仕事を続けられるような会社にしていきたいと考えております。

 

制度

事業所外の勤務に関する規程を準用し、必要に応じて在宅勤務ができるようにしている。

 

今後は、在宅勤務の制度を制定し、がんの罹患時・回復期において柔軟に当該制度を利用できるようにしていく予定.

 

風土づくり

がんに罹患した際には本人の希望を最優先し、業務強度を調整可能とできるように、自社サービスの開発を行っている。

 

相談

がんの罹患のみでなく、いろいろな課題について相談がしやすい環境となるよう心掛けている。

 

その他

がんに限らず、本人が希望する限りは仕事を通じて社会とつながり続けるための環境を提供し続けることを当社のミッションと考えており、形だけの制度導入にとどまらず、社員の意識向上を図っていきたい。

 

>>2018年度がんアライ宣言・アワード応募企業の事例集はこちら

Member部員

を押して、がんアライ部の部員になる

「がんアライ部」にご賛同いただける方はすべて部員と考えています。
まずはFacebookからつながり、一緒にがんとともに生きる社会をつくりましょう!