2018年度がんアライ宣言・アワード応募企業の事例集

   

ハウスコム株式会社の「がんと就労」施策【シルバー受賞】

ハウスコム株式会社の「がんと就労」施策【シルバー受賞】

第1回がんアライ宣言・アワードに寄せられた、各社の「がんと就労」への取り組みをご紹介します。

 

シルバー受賞:ハウスコム株式会社

事業内容:不動産賃貸建物の仲介・管理業務・損害保険代理業

従業員数:984人

創業:1998年

ウェブページ:https://www.housecom.jp/

 

がんアライ宣言

がんに罹患しても、いきいきと働ける職場環境を提供します。

取り組みの背景や特色

社長が、2度のがんを経験した社員から、「薬を投与している時はつらいけど、家にいるよりもみんなと一緒に働いている方が気が休まる」という話を聞いたことがきっかけ。お客さまの多様な価値観に合わせて、お部屋を紹介する仕事をしているのに、多様な生き方をしている仲間に対して、会社の決まりで「これは良い」「これはダメ」としてしまうことをなくしたいと考え、がんと就労や社員の子ども向けの奨学金の補助をはじめた。

 

制度

  • 定期健康診断の実施、健康保険組合から脳ドック補助制度があります。

 

  • 年次有給休暇を時間単位で取得することが可能です。通院などで出勤が遅れる場合等にも使用することができます。

 

  • 2018年4月より「サポート有休制度」を導入しました。有効期限の切れた有休を最大60 日まで積立可能となっており、がんなどの傷病で就業できなくなった従業員が利用することができます。

 

風土づくり

2018年7 月開催の弊社の周年記念イベントで、がんと就労の両立支援ブースを設営しました。従業員に対し、「社内に“がん”に罹患しながらでもいきいきと働いている従業員がいる」という認識をもち、がんという病気を身近に感じてもらうことで治療しながらでも働ける制度の使いやすい風土づくりの一環となりました。

 

相談

社内でがん相談窓口を9 月に開設予定です。窓口にきた内容については、個人情報保護の観点より休職担当・人事部長のみに共有されます。必要に応じて、対象者の主治医へ勤務情報の公開、弊社産業医より面談を実施し、就業上配慮すべき点を把握し対象者の所属長との情報共有を行います。

 

その他

1.禁煙

がんに罹患するリスクを軽減させるため、禁煙に取り組んでいます。入社時の選考項目に「禁煙の有無」を確認し、喫煙者については入社後に禁煙することをお約束いただいております。加入している健康保険組合には禁煙外来治療補助制度があります。

 

2.クオカード利用額の一部を対がん協会へ寄付

2018年7月度に献血月間を実施し、弊社周年記念イベントでは神奈川県赤十字血液センター様にご協力いただき献血車も設置いたしました。期間中の献血ご協力者へ御礼品としてクオカードを贈呈しました。その利用額の一部が対がん協会へ、がん征圧のための資金として寄付されます。

 

3.Lavender Ringへの参画

株式会社資生堂様が主催している「Lavender Ring」へ参画し、弊社で実際にがんに罹患し就労を続けている従業員のメッセージポスターを撮影しました。ポスターは弊社のがんと就労の両立支援の象徴として、2018年7月に実施された周年記念イベントのブースセンターに掲示されました。現在は弊社の本社オープンスペースにて掲示中です。

 

>>2018年度がんアライ宣言・アワード応募企業の事例集はこちら

Member部員

を押して、がんアライ部の部員になる

「がんアライ部」にご賛同いただける方はすべて部員と考えています。
まずはFacebookからつながり、一緒にがんとともに生きる社会をつくりましょう!