がんアライアワード受賞企業の取り組み事例

   

日本オラクル株式会社の「がんと就労」施策【シルバー受賞】

日本オラクル株式会社の「がんと就労」施策【シルバー受賞】

第1回がんアライ宣言・アワードに寄せられた、各社の「がんと就労」への取り組みをご紹介します。

 

シルバー受賞:日本オラクル株式会社

事業内容:企業の事業活動の基盤となるソフトウェア・ハードウェア、クラウドサービスならびにそれらの利⽤を⽀援する各種サービスの提供

従業員数:2,497人

創業:1985年

ウェブページ:https://www.oracle.com/jp/index.html

 

がんアライ宣言

多様な人材の多様な働き方を尊重する日本オラクルは、疾病と戦って頑張っている人を応援しています。

取り組みの背景や特色

  • 数年前にがんサバイバーの社員数名にヒアリングをしたが、Work@Homeといわれる在宅勤務制度や裁量労働制による柔軟な働き方が浸透しているため、特にがんに特化した制度がなくても継続して働けるというフィードバックをもらった。

 

  • そのため、とくにがんに特化しての制度や風土作りをしていないが、人事に相談があったケースなどでは、現場の上司と調整し、個別の配慮をしているケースもある。また、がんに罹患した社員によっては、がんであることをカミングアウトせずに働き続けたいというケースもあり、それぞれ個別の要望にできる限り配慮、協力をしている。

 

  • LGBTをはじめとする性的マイノリティの社員とインクルーシブに働くという観点から、全管理職向けに「無意識のバイアス」についての集合研修を実施した。参加者からのフィードバックで、「LGBTに限らず、介護やがんなど様々な部下からのカミングアウトに対応できるようになった気がする」というコメントがあった。

 

  • 「がん」に罹患する社員というのは、様々なダイバーシティの一つなのではと感じており、がんに限らず、多様性を認めインクルーシブに働く職場環境を広げていくことが、がんに罹患した社員も当たり前に働き続けられる環境づくりにつながるのではと思う。

 

  • 引き続き、ダイバーシティ&インクルージョンを推進し誰もがその人らしく、活躍できる会社風土にしていきたい。

 

>>2018年度がんアライ宣言・アワード応募企業の事例集はこちら

Member部員

を押して、がんアライ部の部員になる

「がんアライ部」にご賛同いただける方はすべて部員と考えています。
まずはFacebookからつながり、一緒にがんとともに生きる社会をつくりましょう!