がんアライアワード受賞企業の取り組み事例

   

株式会社エグゼクティブの「がんと就労」施策【シルバー受賞】

株式会社エグゼクティブの「がんと就労」施策【シルバー受賞】

第1回がんアライ宣言・アワードに寄せられた、各社の「がんと就労」への取り組みをご紹介します。

 

シルバー受賞:株式会社エグゼクティブ

事業内容:営業アウトソーシング、インサイドセールス導入支援

従業員数: 40人

創業:2002年(平成14年)

ウェブページ:https://www.executive.jp/index.php

 

がんアライ宣言

病気、介護、子育て、妊活…誰だっていつ何時どんな状況になるかわかりません。『どんな状況でも働いていける』をつくっています

取り組みの背景や特色

病気、介護、子育て、妊娠・妊活…、誰だっていつなんどき、どんな状況になるかわかりません。一人ひとり、生活環境が違うのだから、一人ひとり働き方だってかわってきます。

 

当社にはフルタイム、時短正社員(社員の性別、お子さんの年齢に関係なく選べます)、SJ(曜日と時間を選べます)の3つの働き方があります。これは、実際に通院、育児や介護などと仕事を両立したい社員からの希望の声があり、社員と一緒につくってきています。 

 

しかし、制度だけがあってもよい運用はかないません。それぞれの立場の社員が協力しあい、「ありがとう」の言葉をかけあい、お互いを尊重しあい、そして誇りをもって仕事にあたっています。

 

また、介護、子育て、通院・・・長く働いていくには通勤時間も大切です。なので、当社では勤務地を3拠点(日本橋・立川・山梨)から社員自身が選んでいます。転勤はありません。

 

制度

  • 病気等で休業し復職する際、勤務時間・勤務日数を選べる制度があります。復職当初は、多くの時間を勤務にあてられない場合もあります。徐々に勤務を伸ばしていくことが可能です。また通院などにより一度伸ばした勤務を減らす必要があれば、そちらも対応しています。

 

  • 当社には、フルタイム、時短正社員(社員の性別、お子さんの年齢に関係なく選べます)、SJ(曜日と時間を選べます)の3つの働き方があり、勤務形態を行き来、転換することが可能です。例えばSJで復職し、時短正社員となりフルタイムになるなどが可能です。

 

  • 一時的に在宅勤務が必要な場合、テレワーク勤務も可能にしています。

 

風土づくり

当社で社員が、がんに罹患した例はありません。しかしながら、子育て・病気・介護・妊娠など、さまざまな事情と仕事の両立はすでに多数の経験があり、同僚・役職者・人事担当に相談できる環境はすでにあります。

 

また実際には、会社の制度があるから、問題ないかというと、そうではありません。現場の社員、お互いがそれぞれに思いやりや協力をもって、支えあってくれていることが、よい風土をつくり、制度を確立しています。

 

相談

同僚・役職者・人事に相談できる環境はすでにあり、活用されています。

 

その他

当社で社員が、がんに罹患した例はありません。しかしながら、子育て・病気・介護・妊娠など、さまざまな事情と仕事との両立はすでに多数の経験があります。チーム単位での業務遂行、自社開発の情報共有システムなどの制度的な側面に加え、社員同士の思いやりや協力により、『どんな状況でも働いていける』、改めて言わなくても、そのことが当たり前である環境づくりをめざし、一歩一歩、着々と取り組みを進めています。

 

>>2018年度がんアライ宣言・アワード応募企業の事例集はこちら

Member部員

を押して、がんアライ部の部員になる

「がんアライ部」にご賛同いただける方はすべて部員と考えています。
まずはFacebookからつながり、一緒にがんとともに生きる社会をつくりましょう!